巣立ちの時まで

アクセスカウンタ

zoom RSS 忌明け

<<   作成日時 : 2011/06/16 21:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

4月、サクラ舞い散る頃に

父がなくなりました。


50代で寝たきりになり15年

長い苦しみに耐え抜き

静かに息をひきとりました。


今年に入ってすぐ危ない状態が続いていたのですが

4月まで持ちこたえました。


15年苦しんできたのに

もうすこし早く旅立たせてあげればよかったのかと自問自答の日々です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
大変だったんだね。

お父さんのこの15年間つらかっただろうけど、
孫たちの元気な姿を見ることができて良かったんじゃないかな。

周りに迷惑をかけているとの自責もあったでしょうが、
それ以上にみんなの成長を見守り続けたかったのではないかと思います。

くぼちゃん
2011/06/16 22:40
ご愁傷さまです。

それと・・・お疲れ様でした。

はやくしてお父様はご苦労されたのですね。

>もうすこし早く旅立たせてあげればよかったのかと自問自答の日々です。
15年も苦しまれた・・・っと書かれていますが、生きていればこその喜びも・・・
家族・・・それも父親であれば、私も同じく1日でも長く生かせてあげている事でしょうね。

悔やまないように・・・私は私のおばあさんの事で数年間悩んだ経験を持っていますが・・・
あまり悩むと・・・お父様が悲しまれますよ・・・。
マーボー
2011/06/18 16:17
くぼちゃん
そうですね(∩_∩)
兄ちゃん以外は病に倒れ、抱くこともできなかったけれど
3人の孫には会えたし。
なくなったときも病院から自宅まで
遺体と一緒に移動してくれたのも兄ちゃんでした。
最後まで孫と一緒でよかったかもしれません。
兄ちゃんの守護霊になってくれるかも('-^*)/

マーボーさん
ありがとうございます。

父が安心して天国にいけるように笑顔でいないといけませんよね

15年両側麻痺でまったく動けない状態で
ずっと死にたいと、いい続けていました。

様態が急変した時、点滴するか悩んだのですが、
弱っていく父を母が受け入れられなくて点滴をうけました。
最後は母の覚悟が定まるまで
父が持ちこたえていたようにもみえました。

マーボーさんのお祖母様もご苦労されたのでしょうか・・・
後悔しない看取りって難しいです



カモ
2011/06/21 22:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
忌明け 巣立ちの時まで/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる